top of page

地元・伏見を盛り上げるべくリベンジが実現!~商店街イベントでの吹奏楽演奏

23.11.23_ふかくさ100円商店街

深草商店街振興組合 × 伏水吹奏楽団


深草商店街振興組合

「地域のまんなか 暮らしのまんなか 深草商店街」のキャッチフレーズのもと、身近な店舗が集まる商店街として近隣住民に親しまれている。毎年11月に「ふかくさ100円商店街」を開催している。加えて、毎月第2土曜日に「土曜朝市」を開催しており、地元食品の販売やワークショップなどを実施している。


伏水吹奏楽団

「楽しく演奏すること」をモットーに、伏見を中心に活動中。演奏中も子どもが一緒にステージに上がるなど、アットホームな雰囲気が特徴の吹奏楽団。現在は伏見区各地のイベントに出演し、久しぶりに観客を目の前にして演奏できる喜びを感じながら本番に臨む。



■『ふかくさ100円商店街』の活動レポート

 毎年11月23日に開催される「ふかくさ100円商店街」。昨年度は3年ぶりに開催されましたが、雨天によりステージ演奏が中止となりました。今年は、伏水吹奏楽団の熱い想いがきっかけとなり、リベンジ出演を果たしました。

 当日は、伏水吹奏楽団がオープニングステージとお昼の2回に分けて演奏を行いました。オープニングステージでのマーチの演奏は、イベントの始まりを感じさせる迫力がありました。その他にも、幅広い年代向けの曲の演奏に、観客が手拍子をしながら楽しむ様子が印象的でした。



■今回の取り組みを振り返って

深草商店街振興組合 理事長 三林裕明さん

 昨年度は新型コロナウイルスの影響により、3年ぶりの開催となりましたが、雨天により多くのステージが中止となりました。その中の1つとして、ご紹介いただいた「伏水吹奏楽団」さんのステージ演奏も予定していました。今年度は、再度伏水吹奏楽団さんからもお声がけいただき、ご出演いただくことになりました。

オープニングステージでは、約20名を超える皆さんがイベントの始まりを感じさせる迫力ある演奏で盛り上げていただき、またお昼に行われた2回目の演奏では、椅子に座って演奏を楽しみに待つ方が多く、手拍子をしながら楽しんでいる様子が印象的でした。

 100円商店街は地元・深草のイベントとして、多くの皆さんに愛していただいています。「地域を盛り上げたい!」「子どもたちが楽しめる場を作りたい!」という想いを持つ人がつながるイベントだと思っています。来年以降も学生ボランティアの皆さんと連携しながら、運営していきたいです。



伏水吹奏楽団 山本さん、宮東さん、大田さん、信貴さん、高田さん

 ふかくさ100円商店街は、昨年度に3年ぶりの演奏機会をいただいた思い入れのあるイベントでしたが、天候不良のため当日に演奏中止になってしまいました。そのため「今年こそはリベンジしたい!」と思い、お声がけさせていただきました。イベントへの出演を通して、伏見の皆さんに私たちの活動を発信したいという熱い気持ちを持ち、本番に臨みました。

 1月に予定しているコンサートの曲の中から、何曲か同じ曲を演奏させていただき、お客さんの反応を見ながらコンサート本番に向けて練習することができました。今年から新たに団員が増え、より多くのパートに分かれて演奏することができたため、レベルアップした演奏をお届けすることができたと思います。多くの方が笑顔で演奏を聴いてくださったので、私たちも楽しみながら演奏することができました。

 今後も伏見のイベントで演奏させていただき、伏水吹奏楽団らしく地域に根差した活動を進めていきたいです。私たちの演奏を通して吹奏楽に興味を持ち、一緒に演奏してくれる仲間が増えることが楽しみです!


閲覧数:75回0件のコメント

Comments


bottom of page