top of page

音楽の可能性は無限大〜野外サウナフェスでの生演奏

更新日:2023年11月16日

23.09.16-17_京都サウナ大作戦

伏見力の湯(株式会社メゾネット)×アンサンブルサウンドドレス×琉球民謡伝統協会


伏見力の湯(株式会社メゾネット)

市内の賃貸マンションの運営をはじめ、温浴事業、スポーツ事業、飲食事業、農産物直売事業など時代とともに地域に必要とされる事業を展開。日本の名水「京都伏見の天然地下水」の水風呂や能勢アートレイクの天然温泉、広いサウナが魅力の「伏見力の湯」を運営。今回は、源泉掛け流しの天然地下水で“ととのう”野外サウナフェス「京都サウナ大作戦」を開催。


アンサンブルサウンドドレス

「自分たちで音楽を使って珍しいことをしたい!」という思いから、プロジェクターの映像と合わせた音楽演奏や水墨画ライブパフォーマンスに合わせた演奏など、毎回公演内容を変更しながら、イベントにあった演奏を行う。今回のイベントでは、弦楽器のカルテットによる生演奏を披露。






琉球民謡伝統協会

三線演奏による、沖縄民謡のレパートリーは50曲以上。「島唄」や「涙そうそう」など有名な楽曲から、昔から唄われてきた沖縄民謡までさまざまな楽曲の演奏が可能。沖縄民謡ならではの魅力を楽しんでいただけるように活動中。今回のイベントでは、三線とギターのデュエットによる生演奏を披露。






『京都サウナ大作戦』の活動レポート

伏見力の湯で2日間に渡って開催された「京都サウナ大作戦」。

16日にアンサンブルサウンドドレスの皆さん、17日に琉球民謡伝統協会の皆さんに出演していただき、それぞれ生演奏を数回に渡って演奏をしていただきました。

会場の雰囲気にあった生演奏は、サウナで“ととのった”皆さんにも楽しんでいただくことができ、素敵な空間になっていました。

(16日_アンサンブルサウンドドレスの皆さんによる演奏)


(17日_琉球民謡伝統協会の皆さんによる演奏)



今回の取り組みを振り返って


伏見力の湯(株式会社メゾネット) 須山さん

5月に「京都湯上がりクラフトビール祭」というイベントを実施した際に、音楽があるとさらにいいイベントになるのではないかと感じました。そのため、今回初開催しました「京都サウナ大作戦」では、音楽の演奏をお願いしたいと思い、伏見いきセンに連絡させていただきました。

お客様のお声やアンケート、X(旧 Twitter)でも、生演奏への喜びの声がありとても満足しています。ただ、音楽の演奏環境に関しては、想定していた必要備品や設備のギャップがあり、十分な演奏環境を用意できず、大変申し訳なく思っています。特に、アンサンブルサウンドドレスの皆様には、生演奏をテントサウナ裏の観覧席での実施となり、お客様の多くが生演奏に気づけない状態となってしまったことは、申し訳なく、今後改善していきたいと思っています。

弊社は、地元伏見に根差した施設を運営しておりますので、今後も伏見で活躍する団体の皆様と一緒に取り組んでいきたいと考えています。



アンサンブルサウンドドレス 牧平さん

今回は、会場の横にある屋根付きベンチを活用して屋外での生演奏をさせていただきました。演奏場所が、イベントのブース裏の通路の一角だったため、近くまで来ていただかないと生演奏だと気づいていただくことができず、残念でした。ただ、気づいてくださった方は、撮影してくださったり、立ち止まって聞いてくださったりと楽しんでいただくことができ良かったです。



琉球民謡伝統協会 井伊さん、鈴さん

今回は、伏見力の湯でのサウナイベントのお客さんに向けての演奏ということで、サウナで心身をととのえた皆さんのリラクゼーション向上を意識しました。2度演奏する機会をいただき、1部では演奏だけでなく歌も披露させていただき、2部では落ち着いた曲を披露することで聴き入ってもらえるように意識しました。

屋外での実施のため、暑さなど不安でしたが、楽しく演奏することができました。演奏が始まるとお客さんが、手を叩いたり口笛を吹いたりと参加してくださり、とても嬉しかったです。

サウナイベントでの演奏は、これまで経験のない機会でしたが、事前の打ち合わせのおかげもあり、会場のイメージやイベント主催者の思いを知ることができ、安心して準備を進めることができました。

今後も伏見区のさまざまな場所で演奏する機会をいただけたら嬉しいです!


閲覧数:34回0件のコメント

Commentaires


bottom of page