top of page

「地域のやりたい!」が芸を極める力に〜地域の居場所での落語披露

更新日:2023年10月4日

22.11.16 _ 藤ノ木学区健康すこやかサロン

藤ノ木学区社会福祉協議会 ✕ THE GO AND MO’S


向島藤ノ木学区社会福祉協議会

向島の藤ノ木学区で活動されている、社会福祉協議会。向島藤ノ木学区民生委員協議会と共に、学区内の福祉活動を展開。高齢者を対象にした「健康すこやかサロン」は毎月第3水曜日に実施。その他、小学生を対象に「藤の木子ども食堂」を月2回開催。



THE GO AND MO’S

笑いをつくる活動を二十数年もの間続け、落語や漫才、演劇と幅広いジャンルで笑いを表現。お笑いが好きで「笑い」を追求するためにTHE GO AND MO’Sを結成。






『 藤ノ木学区健康すこやかサロン 』での活動レポート

65歳以上の方を対象とした、居場所づくりや健康増進を目的としたサロン。

新型コロナウイルスの感染拡大による中止の期間を経て、3年ぶりに再開されました。

当日は、THE GO AND MO’Sによる計30分程度の落語と漫談が披露されました。

参加者からは、「目の前で落語を見たのは初めてで、よかった。」「わかりやすくて、楽しかったわ。」といった声があがっていました。


■今回の取り組みを振り返って


藤ノ木学区社会福祉協議会 会長 山内忠敏さん

 今回、新型コロナウイルスの影響により3年ぶりにすこやかサロンを復活させました。復活後、第1回目の開催にあたり、心から笑えるようなものがいいと思い依頼しました。笑いがあると場が和やかになりますし、声や笑いを出すことは健康においても大事なことですからね。

 2022年6月から私が藤ノ木学区社会福祉協議会の会長になりました。シニアの方の集いをつくることは今回が初めてでした。自力で出演者さんを探すのは大変ですし、当日までの準備等も手探りの状態でした。当日の実施内容を相談させていただく中で、伏見区社会福祉協議会さんを通して、つないでもらうことができ、今回の実施に至りました。

 今後、すこやかサロンで合唱などもできたらと考えています。また、携わっている子ども食堂で子どもたちに様々な体験をさせてあげたいと考えているため、今後も「ふしみむすぶっく」を活用していきたいと考えています。


THE GO AND MO’S 黒川猛さん

 シニアの方を対象に落語を披露したのは、今回が初めてでした。普段、僕たちの舞台を観に来られる年齢層と異なるため「どうなるかな」と思っていましたが、熱心に耳を傾け、楽しんでくださっている様子が嬉しかったです。

 シニアのみなさんの反応を見る中で、間の取り方やネタの内容など、今後の参考になることがいくつもありました。場数を踏み、様々な場所で披露することは、自分の芸を上げることにもつながります。そのため、今回このような経験ができたことはとてもよかったです。地域のなかでこのような機会があれば、可能な限りやりたいです!

 困りごとに対して僕たちと地域の方それぞれで「こんなのどうですか」や「こんな人いますよ」と、さらに人とのつながりが広がっていくといいですね。そのようにつながることが、来てくださる人の楽しみにもなると思います。


閲覧数:60回0件のコメント
bottom of page