• 伏見いきいき市民活動センター

工夫しながら実施される、地域のお祭り

ゴールデンウィークは、本日でラスト!最終日にも関わらず、お天気はいまいち。今年も外出の難しいゴールデンウィークとなりましたが、みなさんはいかが過ごされましたか。

毎年、5月1日〜5日は藤森神社にて藤森祭が開催されています。今年度は、祭礼行事の一部を縮小し、感染予防対策を講じて実施されているようです。駈馬神事は無観客での実施、お神輿は感染予防のため例年の人力ではなく、トラックなどによる巡行となっているようです。


センターで仕事をしていると、どこからか太鼓や笛の音が聞こえてきました。「これは。。。!!」と雨のなか慌てて、飛び出すと24号線を太鼓をのせてトラックが通過しました。急いで撮影したため、いい写真を撮ることができませんでしたが、少しお祭り気分を味わうことができました!

コロナにより、地域行事の開催も従来通りとはいかず工夫しながら実施されています。従来であれば、藤森神社周辺に行かないとみることができません。しかし、現地に行かなくてもみることができるようになるなど形が変わったことで新しい発見もありました。また、雨のなかトラックの荷台で太鼓を叩いておられる姿をみて、みなさんの地域の文化に対する強い想いを感じました。

来年は、今まで通りは難しいとしても賑やかなお祭りが現地で感じることできるようになっているといいですね。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示