• 伏見いきいき市民活動センター

利用団体インタビュー この指と~まれ! Vol.31

更新日:7月27日

龍谷大学吹奏楽部のOB・OGで活動している「龍谷シンフォニックバンド」のみなさん。「同じ部活で頑張ってきた仲間と大学を卒業してからも演奏を続けたい」という熱い思いを持ったみなさんの演奏を一度聴いてみませんか?

=======================================================================

団体名:龍谷シンフォニックバンド

活動場所:伏見いきいき市民活動センター

活動日:土曜日、日曜日(不定期)

活動人数:20~30人

連絡先:ryukoku.symphonic.band@gmail.com

ホームページ:http://rsb.xxxxxxxx.jp/

公式Facebook:https://facebook.com/ryukoku.sb/

=======================================================================

1998年に龍谷大学吹奏楽部のOB・OGで結成し、全日本吹奏楽コンクール京都府大会、関西大会で何度も受賞している「龍谷シンフォニックバンド」。コンクールに出場するだけではなく、龍谷大学吹奏楽部の現役部員との交流やOB・OG同士の交流も目的とされています。しかし、現在は新型コロナウイルスの影響で交流の機会が減っています。


代表の大前さんは社会人になってからも同じ部活を頑張ってきた仲間と演奏したいと思い、活動を始められました。最近はメンバーの年齢層が幅広くなっているため、年の離れたOB・OG同士が交流しながら一つの音楽を創り上げています!


演奏を披露する機会として、春の演奏会、夏のコンクール、不定期で依頼される演奏会があります。演奏時間は毎回異なり、本番で良い演奏をするために約3ヶ月から半年かけて準備をするそうです!伏見区内に楽器を収納する倉庫を借りており、練習する際には借りたトラックに楽器を積み、練習場所まで運ぶため、練習の準備も大変です。


大きな音が響くことが原因で、家での自主練習はできないため、集まった時に個人練習やパート練習、全体練習をされています。本番に向けて練習することや本番で演奏することが生活の楽しみになっているそうです!


長い時間をかけて練習したからこそ、緊張感のある本番で良い演奏ができた時にやりがいを感じるそうです。演奏を聴いている人に楽しんでもらうだけではなく、楽しみながら演奏することを心がけておられます。龍谷大学吹奏楽部はコンクールで数多く受賞しており、本番に向けて熱心に練習してきた方が多いため、「卒業生として洗練された演奏を続けたい」という思いを持ち、活動されています。今後もOB・OGを通してメンバーを増やし、多くの人と演奏をしていきたいと話してくださいました。


演奏会やコンクールでは長い期間をかけて練習した演奏を聴くことができます。吹奏楽に興味がある方は、一度「龍谷シンフォニックバンド」さんの演奏を聴いてみてはいかがでしょうか?

=======================================================================

【今後の演奏会情報】

ふれあいコンサート

日時:5月21日(土) 13時30分

場所:大阪府大阪市此花区 此花区民一休ホール

=======================================================================


閲覧数:101回0件のコメント

最新記事

すべて表示