• 伏見いきいき市民活動センター

いざというときの備えに。


伏見消防署にご協力をいただき、センター本館にて定例消防訓練を行いました。

2階倉庫から火災が発生した設定でそれぞれのスタッフが「受信制御・119番通報」、「現場確認・初期消火」、「避難誘導」の3つの役割を担いました。始まる前から、スタッフは緊張ぎみ。。事務所の中には、いつもと少し違う空気が流れていました。訓練と言っても、やっぱり緊張しますね。

消防訓練が終わると消防署のみなさんから総評をいただきました。避難誘導担当スタッフは大きな声が出ていること、119番通報スタッフは落ち着いて電話対応できていることを評価いただきました。

訓練のあとは、消火器の使い方を実物で教えていただき、実践しました。火に向かって消火するのではなく、燃えているものに向かって消火活動をすることやいろんな角度から消火することなど消火の際のポイントも教えていただきました。

火災や天災がおこらないことが1番いいですが、もしおこってしまったときの備えをきちんとしておくことも大切ですよね。伏見消防署のみなさん、センター利用者のみなさん訓練にご協力いただき、ありがとうございました。

#消防訓練

2回の閲覧0件のコメント