• 伏見いきいき市民活動センター

自治会・町内会へのコロナウィルス影響調査アンケートの結果について

自治会・町内会のコロナウィルスによる影響を調査させて頂きました。


・新型コロナウィルスによる自粛は81%の自治会に何らかの影響を及ぼしている。


・うち77.3%が「行事を中止・延期している」と回答している。


・特に「地蔵盆(43.8%)」などの伝統文化行事、「夏祭り(36%)」などの交流行事は中止判断を決めている自治会が多い。これらに付随している懇親会なども、あわせて中止されることによる交流機能低下の影響が今後予想される。


などがわかりました。


ご協力を頂きましたみなさま、本当にありがとうございました。


今回の結果をうけて7月16日に「京都市役所 文化市民局地域力推進室」へ、自治会支援への提言と共にお渡しいたしました。


調査結果はこちらから


556回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏のリバウンド防止徹底期間のお知らせ

市民の皆様、京都市からのお願い 多くのみなさまのご理解、ご協力で、京都市域では、7月12日からまん延防止等重点措置が解除されています。 しかし、感染力が強いデルタ株が国内で広がっていることや夏に向けて人の動きが活発になることにより、感染再拡大が懸念されます。 今一度、ご自身とご家族、大切な人の命と健康を守るため、市民のみなさまひとりひとりが感染防止対策の再徹底をお願いします。 京都府における「感染