• 伏見いきいき市民活動センター

高校生連携のコンソーシアムがスタートしました。


今年度より、京都府の高校と地域の連携、これからの地域での取組みをさらにすすめていくためのコンソーシアム会議が立ち上がりました。

伏見いきいき市民活動センターもコンソーシアムの一員として、地域と高校をつなげる役割を担っていくと共に、これまでの連携経験を活かして高校と地域のよりよい連携のあり方について、発言していきます。

昨日は、高校生たちと一緒に、伏見稲荷周辺の観光問題とすみよいまちづくりについて考えるワークショップにて、高校生が解決案を発表してきたことが京都新聞の記事になっています。

このような学びを通ってきた子たちが、わたしたちが連携している大学に入って、さらに高いフェーズで活動を展開するような環境につながっていくことを夢見ています。

ぜひご一読ください!


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示