• 山川

はじめまして!【4代目ミギウデ日記vol.1】


伏見のみなさま、初めまして!

2018年度、伏見いきいき市民活動センターの副センター長を務めさせていただいております、山川勝也です。

近畿地方も梅雨入りしましたが、4月の就任から今日までの間、ご挨拶が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

この3月に大学を卒業するまでは兵庫県立大学に通っておりました。

大学時代は、小学生向けの環境教育を行う学生団体で活動してきました。

また、コミュニティ・プランナーになるための、まちづくり人材教育を受けてきました。

自分の生い立ちや、学生団体での子どもとのふれあい、コミュニティ・プランナーとしてどうまちに関わるべきかを考える経験のなかで、一人の先達として「子どもたちが夢をもって幸せに生きていける社会」に貢献できる大人になりたいと思うようになりました。

これまでに、虐待・子どもの貧困という社会課題に関しての講演・啓発や研究を行ってきました。

4月からも龍谷大学の大学院で研究を続けています。

研究で子どもの育ちについて取り組む一方、そのほかの多くの社会課題も解決していかなければ、子どもたちに豊かな社会を残すことができません。

そこで、縁のある伏見の地で、若い力で社会課題に取り組む伏見いきいき市民活動センターの副センター長に応募し、採用していただきました。

今年度私は、副センター長として、伏見いきいき市民活動センターがこれからも社会課題に向き合う方たちを支えていけるよう、チームの基盤力強化に取り組みます。

また、社会課題に取り組むため、あるいは個々人が豊かな人生を送るために知恵を深め、対話する場としての伏見しみん大学のコーディネートを行います。

早いもので、私の副センター長としての任期は残り10か月となっておりますが、自分のやりたいこと・できることを精一杯行いつつ、「伏見といきセンのミギウデ」として求められる成果を出すことを目指していきます!

ご挨拶が長くなり申し訳ありません。

改めまして、伏見のみなさま、伏見いきいき市民活動センターをよろしくお願いいたします!

#ミギウデ日記 #チームづくり #伏見しみん大学

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏のリバウンド防止徹底期間のお知らせ

市民の皆様、京都市からのお願い 多くのみなさまのご理解、ご協力で、京都市域では、7月12日からまん延防止等重点措置が解除されています。 しかし、感染力が強いデルタ株が国内で広がっていることや夏に向けて人の動きが活発になることにより、感染再拡大が懸念されます。 今一度、ご自身とご家族、大切な人の命と健康を守るため、市民のみなさまひとりひとりが感染防止対策の再徹底をお願いします。 京都府における「感染