• 伏見いきいき市民活動センター

重要なお知らせ:センターの開館・利用再開について

平素は当センターをご利用いただきありがとうございます。

この度、令和2年5月15日付けで「新型コロナウイルス感染拡大防止のための京都府における緊急事態措置」が改訂されたことを受け、センターを以下の通り、開館・利用再開することとなりましたので、お知らせいたします。


------------------------------------------------------------ ■5月20日(水)~ 5月31日(日)は6、7月の「会議室」の予約受付を行います ------------------------------------------------------------ ・「7月末までの“会議室”の貸館予約」「還付請求手続き」に限り窓口で受け付けを行います。 ・本期間に受付を行うのは『会議室のみ』です。音楽室・集会室の予約は6月1日以降の受付となりますので、ご注意ください。 →本措置で「会議室で運動をする団体、音楽をする団体は許可されているのか」という点については京都市に問い合わせ中です。 ・本期間は予約受付のみとなり、貸会場の使用はできませんのでご注意ください。 ・高齢者ふれあいサロンの使用はできません。 ------------------------------------------------------------ ■開館は6月1日(月)〜 会議室、その他施設の受付、貸施設のご利用が頂けます ------------------------------------------------------------ ・新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策を講じた上で、センター及び高齢者ふれあいサロンを開館します。 ・三密を避けるための各種措置を講じた上での開館となります。ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、各会議室の定員などに変更が行われます。会議室ごとの利用詳細については改めて発信させていただきます。 ------------------------------------------------------------ ■8月、9月のご予約については貸館予約抽選会6月1日(月) 10:00~を実施します ------------------------------------------------------------ ・8月分・9月分をあわせた予約抽選会を行います。詳しくは後日発信致します。 ------------------------------------------------------------ ■新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたご協力のお願い ------------------------------------------------------------ 5月20日以降、センターへの来館・会場等の使用をされる際には、以下の取組にご協力をお願いします。 ① 窓口の混雑緩和 窓口へは、なるべく申請される方1名でお越しください。

また、並ぶ際は間隔を2m以上確保して整列してください。 ② マスクの着用 センターへの来館時には、マスクを着用してください。 ③ 十分な間隔の確保 事務室や会議室等において、人との間隔を(2mを目安に最小1m)

確保できるよう、座席や利用人数を制限してください。 ④ 適切な消毒・換気の実施 こまめな手洗い・手指消毒を行うとともに、

諸室の出入口や窓を開けるなどして、十分な換気を行ってください。 ⑤ 入退館(室)時の混雑の回避 利用者の受付けや入替わりの際には、窓口や出入口に人が密集しないよう、

間隔を十分に確保してください。 ⑥ 症状のある方の入館自粛 軽度であっても、発熱、咳、咽頭痛などの症状がある方は、入館を自粛してください。 ------------------------------------------------------------

以上です。緊急事態宣言下での多くの方のご協力によって、

京都でも施設を徐々に開館させて頂く事となりましたが、

引き続き、油断はできない状況は続いています。 利用者のみなさまと協力していきながら、

コロナ禍の中でも適切に運営をしていければと思っています。 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

京都市伏見いきいき市民活動センター

87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夏のリバウンド防止徹底期間のお知らせ

市民の皆様、京都市からのお願い 多くのみなさまのご理解、ご協力で、京都市域では、7月12日からまん延防止等重点措置が解除されています。 しかし、感染力が強いデルタ株が国内で広がっていることや夏に向けて人の動きが活発になることにより、感染再拡大が懸念されます。 今一度、ご自身とご家族、大切な人の命と健康を守るため、市民のみなさまひとりひとりが感染防止対策の再徹底をお願いします。 京都府における「感染