• 伏見いきいき市民活動センター

【For Localプロジェクト】特定非営利活動法人 そらいろプロジェクト京都さんへインタビュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伏見駅近くの美容院「Peace of Hair」の店長が設立。サロンワークと共に活動を行っている特定非営利活動法人そらいろプロジェクト京都さん。理美容院にいけない発達障がいの子どもたちが将来、理美容院へ行けるようになるための練習をサポートする「スマイルカット」を実施されています。その他にも、地域の児童館や保育園などで子どもの前髪カット講座、散髪が好きな子どもを増やすため、障がいのある子どもたちへのサポートと理解を広めるための取組も行なっておられます。今回は、団体としての想いやこの状況のなかでの取り組みについてお話を伺いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Q.そらいろプロジェクト京都さんはどのような思いをもち、活動されておられる教えていただけますか。


美容師が中心となり、高齢者や障がいを持った子ども達、みなさんの笑顔ために活動しています。「髪を切る」という当たり前に感じられる行為が、思うようにできない人たちが世の中にはたくさん存在します。理美容院に行きにくい人たち、また理美容院がそのような人たちを受け入れにくい今の社会や業界を変えていくために、美容の面からバリアフリー社会を作っていきたいと思っています。そのような社会の実現を願い、直接支援や啓発活動を実施しています。ヘアカットに関わらず「当たり前」の事が難しい人がおられ、それには理由があります。そのことを知ってもらうことは、とても大切です。

理美容としてのバリアフリーを目指しつつ、多方面・他業種に発達障がいの認知が広がれば、あらゆる分野で垣根のない、全ての人に優しい本当の意味でのバリアフリー社会の実現につながると思っています。



Q.実際に発達障がいの方に会い、髪を切ることの難しさを感じられたようですが、当事者の声(発達障がいの方や親御さん)は表にでていないけれど、他にも困っている方がいるのではないかという思いもあったのでしょうか。


活動を進める中で全国的にヘアカットに困っておられる親子が多いことがわかってきました。他府県からはるばる京都に髪を切りに来られる方もいらっしゃいます。

美容は、直接生命に関わることではないため、保護者の方も遠慮し我慢している現実があります。親の苦労・悩みはとても深く、その部分だけでも理美容師が急いでサポートする必要性があると実感しました。


(実際に髪をカットされている様子)


Q.ホームページを拝見し、一人ひとりに寄り添うことを大切にされている印象を受けました。どのようなことに気をつけておられますか。


「スマイルカット」という切り方マニュアルがあるわけではなく、ひとり一人の苦手なこと、好きなことなどを事前に親御さんへのカウンセリングでリサーチし、方法を探ります。絵カードやタイマーを使ったり、NPOで作っている絵本を使ったり、様々な工夫をこらし、スモールステップですすめていきます。



Q.外出が難しい状況が続くなかで、この間、影響や変化はありましたでしょうか。


定期的に来られていたお子さまがこの期間来ることができなかったり、心が不安定になったりということはありました。6月以降、様子をみながらスマイルカットをすすめています。

また、定期的に総合支援学校内でスマイルカットを実施していました。しかし、休校のため数ヶ月カットができていません。店舗へ来てくださるお子さまはカットできていますが、そうでない子ども達の様子が気になっています。



Q.このような状況のなかでも、子どもたちに向けて絵本の読み聞かせ動画などを発信されているのを拝見しました。この取組はどのような思いで実施されたのか、教えていただけますか。


この大変な時期、どのようにして子ども達・保護者さんの気持ちを少しでも和らげていけるか、私達にできることはないか、いろいろと考えていました。今まではライブで子ども達に届けてきましたが、この状況を受け、すべて録音・録画し直し、YouTubeで公開しました。

また、今までに「ピースマンのチョキチョキなんでこわくない!」と「ピースマンのまほうのハサミ」の2冊の絵本を発刊しています。「ピースマンのチョキチョキなんでこわくない!」は読み聞かせ動画を公開しています。「ピースマンのまほうのハサミ」は今年発売になったばかりの絵本です。THE BOOMの宮沢和史さんに帯の言葉をいただきました。絵描き歌や絵カードなども多く、子どもの気持ちに寄り添える絵本になっています。動画も絵本もぜひ親子で楽しんでいただきたいです。そらいろプロジェクト京都のホームページで詳細をご確認いただけます。

(美容室や散髪が大好きな子どもを増やすため、また障がいのある子どもたちへのサポートと理解を広めるために立ちあがったヒーロー「星髪戦士ピースマン」)



Q.活動を支援してくださるサポート会員を募集されていますよね。寄付されたお金はどのようなことに活用されるのでしょうか。


そらいろプロジェクト京都では「ピースマン隊員」というサポート会員を募集しています。入会いただいた方には、毎年の報告書や素敵な隊員証をお送りしています。

ご寄付は、スマイルカット時の絵カードやタイマーなどの備品整備など子どもたちのために大切に使わせていただきます。子どもたちの笑顔のために、これからも活動を広げていきたいと思います。



特定非営利活動法人 そらいろプロジェクト京都

ホームページ

https://www.sora-pro.jp/

【動画】絵本の読み聞かせ動画、えかきうた動画はこちらから

https://www.sora-pro.jp/book/index.html

絵本の詳細はこちらから

https://www.sora-pro.jp/book/book.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

担当スタッフからのひとこと

センター近くにあるにも関わらず、きちんとお話を聞かせていただくのは、今回が初めてでした。私のなかで「髪を切る」ということは何気ないことで当たり前のことでした。今回はそんな当たり前のことを改めて考えるきっかけをいただきました。

子どもたちのためにさまざまな活動をされています。その様子を拝見すると困っているみなさんと少しでも苦手なことを克服したり、得意なことができるようになったりと、共に一歩ずつ歩んでおられるように感じました。

今回、お会いしてインタビューはできませんでしたが、またお時間があるときにゆっくりお話を聞きたいと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



​京都市伏見いきいき市民活動センター

TEL&FAX  075-646-4274   

Mail  hello@fushimi-ikik.com

〒612-8434  京都府京都市伏見区深草加賀屋敷町6-2

(C)2015 まちとしごと総合研究所. ALL RIGHTS RESERVED

開館時間 月・水~土 10:00~21:00(予約受付時間 ~20:30)

     日     10:00~17:00(予約受付時間 ~16:30)

休館日  毎週火曜日・年末年始